++クルスの海チャペルウェディング++



- 宮崎日日新聞3月30日記事より -



「クルスの海」展望所で結婚式

 出会いの海に永遠の愛を誓う―。日向市、日向岬の一角にある通称「クルスの海」展望所が二十八日、グランドオープンし、記念イベントの「願いの叶(かな)うクルスの海チャペルウエディング」(日向商工会議所青年部主催)が盛大に行われた。

 式を挙げたのは、日向市財光寺、サーフショップ経営海埜士(あきら)さん(31)=同市出身=と麻子さん(31)=福岡県前原市出身。二人は同市のお倉ケ浜でサーフィンを通じて出会い、一九九七年に婚姻届を出した。

 プロサーファーでもある士さんが国内外を転戦する多忙さもあって、六年半越しの挙式となった。長女・日向(ひなた)ちゃん(5つ)と三人で式に臨み、親族や友人ら約三百人の祝福を受けた。

 「両親に式を見てもらいたい」という願いをかなえた士さんたちは「二人が出会えた海が見える場所で多くの人に祝福されながら式を挙げられ、最高です」と喜びをかみしめていた。

 ウエディング前にあった展望所完成式では、モニュメント「クルスの鐘」(高さ二・五メートル)の除幕も行われ、早速澄み切った鐘の音が辺りに響き渡っていた。

 展望所はデッキ部分の幅と奥行きが約十一メートル。県北の新たな観光名所として日向市が整備した。クルスはポルトガル語で「十字」を意味する。市は十文字を形作る岩場と近くの岩場を「叶」の字に見立て、「願いが叶う場所」としてPRしていく。



++クルスコーナーTOP++