美々津ふれあいまち巡り開催

平成19年度実施の「地域資源∞全国展開プロジェクト」により創出いたしました「美々津ふれあいまち巡り」イベントを、本年度は「春・ひな祭り」をテーマに平成21年3月1日(日)日向市美々津町立縫地区(重要伝統的建造物群保存地区)にて「美々津ふれあいまち巡り実行委員会」と共催で開催いたしました。

 美々津地区は古くは神武天皇お船出の地として、また、海軍発祥の地として有名です。江戸時代から昭和初期まで、貿易港として栄えた地区でもあり、その当時の古い町家が今もたくさん残り、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。前日が雨で心配しましたが、晴天となり、市内外から着物を着た大勢の方が来場され、古い町並みは、当時にタイムスリップしたかのような賑わいでした。

今回は、「春」「ひなまつり」をコンセプトに地元実行委員会が趣向を凝らし、古い雛人形の展示、お茶や地元名菓(お船出団子)でのご接待、ボランティアガイドによるご案内などを行いました。また、朝市も同時開催し、地どれの野菜や海産物工芸品などが出品されました。

(来場者1,000名)