会頭挨拶

平成30年 新年所感

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、ご家族おそろいで希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのことお喜び申し上げます。

昨年はキャリア教育推進事業において、文部科学省・経済産業省キャリア教育推進連携表彰で全国515の会議所の中から最優秀賞を受賞し、そして実践校として財光寺小学校様も優秀賞を受賞致しました。本年も昨年にひき続き、大王谷学園様が最優秀賞、そして企業として地元の南日本ハム様が優秀賞を受賞されました。

又、昨年は何と言っても9月23日から9日間に渡り世界ジュニアサーフィン大会が地元日向のお倉ヶ浜で開催されました。実に41ヶ国から500名以上もの方々に訪れていただき、開催され大成功をおさめることが出来ました。それを受け昨年末には東京オリンピック、パラリンピックのサーフィンとソフトボールがアメリカとのホストタウン(キャンプ地)に決定。このように明るい話題に包まれていますが、本年は十屋日向市長のリラックスサーフタウン構想が本格的に動き出すビッグウェーブな年になりそうです。いずれにしても、この波を是非、サーファーの定住という形で人口増に結びつけばと願っています。

さて我々日向商工会議所では、昨今、会員の後継者不足による廃業が目立つようになってきております。これに何とか歯止めをかけたいと考え、今般企業婚活プロジェクトを立ち上げました。つまり、地元のそのままであれば消えていく企業を企業婚活で一つにして“血を残す”それを仲介する業務を行ってみたいと思います。併せて人手不足についても業界の皆さんと意見交換をしながら研究してみたいと考えています。

我々、会議所も今までの延長線上の行動だけではなくあえてパターン踏襲やマニュアルという試行停止からの脱出を図り、街も自分達も「レア」を目指さなければ、この人口減の波に飲み込まれてしまいます。違う道にチャレンジしなければ、知らない自分に逢えません。

「いつもと違う道を」

この言葉を本年のキャッチフレーズにしたいと思います。

さて私共日向商工会議所は本年創立70周年を迎えることとなりました。つきましては来る5月26日(土)に記念事業(ケント・ギルバート氏講演及び祝賀会)を開催致します。よろしくお願い致します。日本のひなた宮崎県、宮崎のまひなた日向市の発展と会員の皆様並びにご家族の皆様にとって愛と平和に包まれた一年であります様、ご祈念申し上げご挨拶と致します。

 

日向商工会議所

会頭 三輪 純司


Sorry, you can not to browse this website.

Because you are using an outdated version of MS Internet Explorer. For a better experience using websites, please upgrade to a modern web browser.

Mozilla Firefox Microsoft Internet Explorer Apple Safari Google Chrome