郷土芸能・祭り

郷土芸能祭り・行事

北きりしまの郷土芸能
地域 名称 内容


岩戸神楽 小林市堤地区、水流迫地区の郷社、岩戸神社に300年以前から伝わる33番におよぶ神楽で、同社の祭典に奉納される。
輪太鼓踊 朝鮮出兵に兵を率いて出征した島津氏の軍勢は、泗川の戦いに於て、約1万の兵で、10数万の明の大軍と対戦した時、兵の士気を鼓舞するため、鐘、太鼓を打ち鳴らし、織竿の中に武器をかくし敵陣におどり込み、大勝を得たという。この勇壮な様子を舞踊化したものである。
兵児踊 今から、400年前島津氏と伊東氏との争いにおいて、島津氏は、薩摩武士の武技の集団訓練の場として、士気を鼓舞するために陣中にて各種の戦法を取り入れ、ホラ貝、太鼓を打ち鳴らして踊らせたと言うのが起源である。
山中棒踊 今坊権現の修験者によって伝授された踊りで、薩摩で盛行した示現流剣法の型を基本としたものと伝えられる。
種子ケ島踊 別名を御陣屋踊りとも言われ、旧薩摩藩島津家に伝わる種子ケ島流と言われる陣太鼓に用いたものと言われる。
鎌の手踊 文久2年、百姓与平親娘は、稲田の草とり中に抜いて投げた草のしずくが、畦道を通りかかった武士の袴の裾にかかってしまい血に狂った武士は、娘の面前で志賀段七の一刀のもとに与平を切り捨てた。以来3年、娘二人は父なき後の農耕の傍わら武芸を習い、姉はなぎなた、妹はくさり鎌をもって見事父の仇を討ち果たす悲愴可憐な物語りを舞踊化したものである。
田ノ神踊 別名をめしげ踊りとも言われ、文治元年、後鳥羽天皇御代、肥後・薩摩を中心に唄い踊られた豊年踊りである。
馬踊 明治・大正の頃、鹿児島県の谷山あたりから今の永田町地区へ荷馬車業者が移り住み、昭和の初めには国分・隼人の業者も含め35戸の業者が移り住んでいた。その頃の馬踊りを継承したものが現在の馬踊である。



鏡とぎ踊 約400年前西川北馬関田(まんがた)城主が、郷士たちに娯楽として、又、士気を鼓舞するために奨励したといわれている。
池島兵児踊り 武士が戦場へ出兵するとき士気を鼓舞するために作られた踊といわれる。
輪太鼓踊り 島津義弘公の軍団が士気を鼓舞するため、朝鮮の役に踊ったのが始まりという。
栗下兵児踊り 出水城主薩州島津家の御家断絶のため、藩内各地に解散した家臣たちが、毎年お盆に君主の墓参りに出水に行き供養し踊ったのが始まり。
西長江浦
大太鼓踊
兄神にだまされ根の国に追いやられた弟神の生還を祝って女神や村人が踊ったのが始まり。
鷹踊り 白い羽織に黒いはかまを装い、10名以上が一列に並び、踊りとはいうものの、その場をあまり動くことのない一風変わった踊り。島津軍の士気を鼓舞する踊りとされている。


苗代田祭
(ベブガハホ)
五穀豊穣を祈念して狭野神社に奉納する踊り。「ベブ」とは牛のことで、「ハホ」とは主婦のことを指す。木製の牛で田を耕し苗代田の整地をし、種子まきをする姿をユーモラスに表現する農耕神事。
祓川神楽 神楽宿で行う夜神楽の一種。舞は十二人剣など多人数で舞う勇壮なものから一人で舞う豪華な剣舞いなどがあり、33番からなる。霧島山麓に位置する祓川の神事の一つで12月第2土曜日に行われる。
狭野棒踊り 踊りは、慶長年間、島津藩主義弘公が朝鮮出兵からの凱旋を祝うため、示現流の形による棒踊りを狭野神社に奉納、これを見た土地の人たちが在来の田植え踊りを加えた勇壮活発な踊り。
狭野奴おどり 慶長年間、豊臣秀吉軍を撃退した島津軍の名将新納忠元が、即興の歌と踊りで喜び祝ったのが始まりで、毎年御田植祭(5月16日)の時に奉納される。





野尻町鉦おどり 島津氏が朝鮮出兵やその他の戦勝の祝いとして踊らせたものであり、武士だけでなく農民も含めて武技鍛練を兼ねて士気の高揚をねらったものである。
紙屋
「城攻めおどり」
戦国時代、伊東・島津両氏が城を巡って繰り広げた争奪戦が語り継がれ、江戸時代にこれらが歌や踊りに表現されてきたといわれる。
兵児踊り 島津藩の武士の士気を高めるために踊られていたもので、奴踊りや狂言をまぜ三味線・太鼓・笛をともなって武士の姿で踊る大変勇ましいおどりである。





棒踊り 旧薩摩藩領内各地で踊られている、衣に袴手っ甲、脚絆にわらじ履きのりりしい姿で踊る。
兵児踊り 旧薩摩藩領内各地で踊られている。紋付き袴に刀をさし、ほら貝、三味線、太鼓、笛に合わせて踊る。
剣舞「一の谷」 源平合戦の物語を踊りとして振り付けたもの。10人の踊り子が二列になり太鼓拍子木のに合わせて歌にのって踊る。
城攻め 胸に太鼓、背に孟宗竹に色とりどりの細かい紙の花びらを付けた矢旗を立て陣笠、陣羽織、手、甲、脚絆といったいでたちで激しく動く勇壮な踊り。



北きりしまの祭り・行事

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
期日 名称 地域 内容
1月
最終日曜日
のじりロードレース 小林市
野尻町
2Km,5Km,10Kmのコースで町内外の選手が健脚を競う。家族で一緒に走る親子ジョギング(1km)もあります。
2月第1
土・日曜日
京町二日市 えびの市 100年余りの歴史を持つ南九州最大の買物市。京町温泉街の中心部約2kmが歩行者天国となり、約450店の露店が並ぶ。毎年約25万人の買い物客で賑わう。
2月
第1日曜日
南九州駅伝大会 えびの市
都城市
えびの市京町温泉から小林、高原、都城市役所までの61.25km、7区間により市郡、クラブ、高校別に健脚を競う。
2月11日 スケート
フェスティバル
えびの市 スピード競技、親子ソリなどの各種スケート競技が行われ、抽選会も行われる。
2月18日 苗代田祭
(ベブガハホ)
高原町
(狭野神社)
木彫りの牛を使って作男達が少量の酒を含み、苗代田の準備をする珍妙な行事。
2月下旬 小林ロードレース大会 小林市 小林市は小林高校駅伝部をはじめとして、全国的に 駅伝の町 として有名であるが、この大会は県内でも古く、毎年南九州 から多くのランナーが集う。
3月第1
土・日曜日
飯野植木市
(亀城祭)
えびの市 植木をはじめ季節の珍しい品々が数多く並ぶ市である。同日、島津軍と伊東軍の戦いを再現したイベント、武者行列が行われる。
3月下旬
〜4月上旬
八幡丘さくら祭り えびの市 約2,000本の桜の下で各種イベントが開催される。
3月下旬
〜4月上旬
皇子原公園桜まつり 高原町 吉野桜や八重桜が吹き誇る中で剣道大会や四半的、芸能大会が行われる。
4月
第2日曜日
韓国岳山開き えびの市 夏山シーズンの幕開けに先立ち「韓国岳」登山の安全祈願した後、登山を楽しむ。
4月
第2土曜日
高千穂峰山開き 高原町 神事、安全祈願などを催してから登山。
4月15日 霞神社例大祭 高原町
霞神社
畜産の神様として信仰があり、昔から山頂付近に「五色の蛇」といわれる白蛇が棲み、姿を見ると幸運が授かると言われている。
4月中旬〜下旬 ハーブ祭り 小林市
野尻町
ハーブ寄せ植え教室やハーブ料理・ハーブティ教室、手作り美容コスメ教室など多彩なイベントをおこなっています。
4月下旬〜5月中旬 京町温泉マラソン大会 えびの市 3q、5km、10kmの3種目をそれぞれ男女別、年齢別、親子参加で競う。京町温泉春の一大スポーツイベントです。
4月29日 すきむらんど
薫風杯剣道大会
小林市
須木
毎年昭和の日に開催され、県内外の小・中学生による剣道大会剣道を通して、子供たちの心身の鍛練と健全育成を目的とされています。
5月4日 木崎原古戦場祭 えびの市 島津・伊東の戦死者の供養と当時を再現した「武者行列」等が開催される。
5月5日 ノカイドウ
フェスティバル
えびの市 国の天然記念物であるノカイドウを鑑賞しながらコンサート等のイベントが行われる。
5月8日 八幡丘馬頭観音祭 えびの市 牛馬の安産祈願祭として古くから当地方に伝わる風習で多くの参拝客で賑わう。
5月上旬
〜11月上旬
南九州ツーリングラリー 高原町 霧島山麓の林道を中心とした自然を楽しみながらのバイクツーリングタイムラリー。
5月16日 狭野神社御田植祭 高原町
狭野神社
五穀豊穣を祈願して神事が行われる。
3月 バスフィッシングトーナメント
in小野湖
小林市
須木
九州アマチュアバストーナメント、岸釣トーナメント。
5月下旬
〜6月上旬
出の山ホタル恋まつり 小林市 数万匹の光の乱舞。出の山公園のゲンジボタルは、平成元年4月にふるさといきものの里に認定されています。
5月下旬
〜6月上旬
メロン・マンゴーフェアー 小林市
野尻町
小林市内で生産された最高級のみやざきブランド「めろめろメロン」と「完熟マンゴー」を販売します。全国発送ができるように宅配コーナーの設置あり。
6月下旬 御池キャンプ村
安全祈願祭
高原町 通年開設。火口湖御池の湖畔のキャンプ村でケビン、高床式テント有り。
7月5日 えびの高原
夏期期間キャンプ村開き
えびの市 ケビンもあり、標高1,200mの高原の自然の素晴らしさが満喫できる。全国でも温泉のある珍しいキャンプ場。
7月20日 すきむら河川プール
安全祈願祭
小林市
須木
期間内の安全祈願祭。流れる川をそのまま利用した河川プール。
7月中旬〜8月下旬 生駒高原 小林市 サルスベリの薄ピンク、アメリカフヨウの白、・サルビア赤が夏の生駒高原を彩り、青空によく映えます。
7月
第3土曜日
京町温泉夏まつり えびの市 花火大会、子供みこしなどのステージイベントが催される。県内で最も早く開催され、約5,000発の花火が京町の夜空を彩る。
7月28日 牛越祭り えびの市
北菅原神社
牛が高さ50cm、長さ4mの丸太棒を飛び越える障害物競走で、家畜の無病息災を願ってはじめられたユーモラスなイベントである。
7月29日 六月灯祭 小林市
野尻町
(東麓地区)
子どもたちは、六月灯が始まる前から、毎年使用する四角な灯籠の紙を貼り変え、思い思いの絵を書いてお宮の奉納した。人も家畜も田畑も皆無事で五穀豊穣を祈願する。
8月中旬〜下旬 のじり湖祭 小林市
野尻町
町内の若者が「のじり湖祭実行委員会」を結成し実施している夏の一大イベント。女尻相撲大会やミュージック&花火ショーを行う。
8月
第1日曜日
まつり高原 高原町 花火大会、盆おどりのほか、数多くの学校・職域から様々な演じ物が披露される。
8月
第1土曜日
こばやし名水夏まつり 小林市 小林の名水をメインにした夏まつり。名水カーリングやステージイベント、屋台村など様々なイベントが中心市街地で開催される。
8月中旬 小林市すき納涼花火大会 小林市
須木
本庄川河川敷から打ち上げられる約5,000発の花火や大掛かりな仕掛け花火は観客の頭上真近の夜空を彩り、こだまを返す大きな爆音もあいまって他では見られない迫力。回を重ねるごとに人気が高まり、近年では人口の数倍の観客が集まる名物行事となっている。
8月
最終日曜日
おすわさあまつり えびの市
南方神社
旧称「諏訪神社」400年以上の伝統をもつ大太鼓(ウバッチョ)踊りが奉納される。1570年頃島津義弘が伊東氏との戦いで戦勝を祈願して披露される。
8月
第3日曜日
矢岳高原観光祭
(ブルースカイフェスタ)
えびの市 えびの盆地や霧島火山群が一望のもとに見渡される景観と大自然の中でパラグライダー大会、各種レクリエーション大会が盛大に行われる。
9月23日 陰陽石まつり 小林市 夫婦岩とも呼ばれる2つの奇石がある。よろず生産の神、子宝の神としても信仰されている。神事、舞踊大会等が催される。
9月上旬〜中旬 白鳥観光祭 えびの市 身体健固の神で奉納剣道大会が催される。
9月23日 すき栗まつり 小林市
須木
須木の代表特産物の栗をテーマにしたまつり。栗拾いや、ステージイベント、お子様抽選会など様々な催し物あり。
10月23日 狭野神社例大祭 高原町
狭野神社
豊作を祝う祭で棒踊りの奉納ほか、剣道大会が催される。
11月3日 霧島登山会   霧島の自然に親しみ、ゴミの持ち帰り運動のPRを行う。
11月3日 須木ほぜまつり 小林市
須木
五穀豊穣を祈願して、相撲大会、郷土芸能等がある。
10月下旬 神武の里
たかはる秋まつり
高原町 地場産品の展示即売、芸能大会、教育文化作品企業製品展示。
11月9日 霧島東神社例大祭 高原町
霧島東神社
豊作を祝う祭で弓道、剣道大会が催される。
11月中旬 ハーブ祭り 小林市
野尻
ハーブ寄せ植え教室やハーブ料理・ハーブティ教室、利き茶コンテストなど多彩なイベントをおこなっています。
11月23日 こばやし秋まつり 小林市 豊作を祝い、約1,500mのパレードや踊りが街中を練り歩く。ミスコスモスが花を添える。
11月
第3土・日曜日
田の神さあおどり えびの市 農業の収穫祭と教育文化の成果を一同に披露する。特産品や郷土芸能・文化作品の展示もあり。市民あげての祭りで、みこし等で練り歩く。
12月
第1土曜日
狭野夜神楽 高原町 夜明けまでに舞3番が舞われる。当夜は手打ちそばを戸毎に作り来客に焼酎やそばをふるまう。
12月
第2土曜日
祓川夜神楽 高原町 天神7代、地神5代の神代の舞33番が夜明けまで舞われる。戸毎に手打ちそばを作り、ふるまう。
11月下旬〜12月 えびの高原
人工スケートリンク開き
えびの市 スケート期間中の無事を祈願したあと、シーズン最初のスケートを楽しむ。

 
【トップページへ戻る】