記帳指導・税務について


小規模事業者の皆様へ・・・
記帳を正しく理解し、帳簿の数字に基づく近代経営を推進いただくため、小林商工会議所では皆様の記帳のお手伝いをしています。
また、お忙しい方々のために記帳代行もいたします。
帳簿の記入から年末調整・決算・申告の手続きまで親切をモットーに皆様からのご相談に応じておりますのでお気軽にご相談ください。

@記帳指導
毎月1回、一切の帳簿類(伝票類を含む)を持参していただき、決算書および確定申告書を作成し、税務署に提出するまでお手伝いします。
A記帳指導・記帳代行を受けるには?
納品書・請求書・領収書などの取引原始記録すべてが基本です。常に整理保存しておいてください。(家計費と事業費の区別ははっきりと!)
B消費税相談
消費税の仕組・表示方法など消費税に関して何でもお気軽にご相談下さい。
消費税(個人事業者)の申告は3月31日までとなっております。

記帳の重要性
毎日の正しい記帳は経営の第一歩!
特に現金出納帳は必ずその日に記帳し、現金残高を照合し月末には仕入・売上・経費などを集計して、月別の営業内容をしっかり把握しましょう。
記帳することで・・・

1.青色申告ができます!
2.融資を受けるのに便利!
3.経営改善への近道!
このようなメリットがあるのです。


青色申告って何??
毎日の取引をきちんと帳簿につけ、正確に所得や税額を申告する人の為の、税金の面でいろいろな特典が受けられる制度です。
青色申告できる人は??
事業所得(商工業・サービス業などの営業や農業、自由業などの事業による所得)や
不動産所得(土地や建物などの不動産所得)のある方です。
※青色申告を始められる方は、青色申告しようとする年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を税務署に提出してください。
青色申告に必要な書類は??
現金出納帳 現金と帳簿残高が常に一致するように心がけましょう
経  費  帳 経費科目ごとに記帳します。預金口座から自動振替した経費を見落とさないようにしましょう。 例・・・電話代・支払利息など
売  掛  帳 商品を掛けで売ったときや、受け入れたときに記帳します。
買  掛  帳 商品を掛けで買ったときや、支払ったときに記帳します。値引きや返品のときは売掛帳と同じように書きます。
固定資産台帳 建物、機械、車両、工具、器具、備品など購入金額が10万円以上の資産を記帳します。
青色申告の主な特典!!
専従者給与 【青色専従者給与に関する届出書】に届出された範囲で実際に支給した金額のうち、その専従者の従事期間、仕事の内容、従事の程度、他の使用人の給与の状況、同業種、収益の状況から判定して相当と認められる金額。
一定の日に一定額を支給する。
青色申告控除 『正規の簿記の原則』により記録・作成した書類にもとづき作成された貸借対照表・損益計算書を添付し、確定申告書を提出期限までに提出した場合は、65万円の特別控除が適用となります。
上記以外は、10万円の特別控除となります。
貸倒引当金 その年の売掛金、未収入金、貸付金額の合計額×5.5%(限度額)(金融業は3.3%)の繰入ができる。
純損失の
繰越・繰戻
事業所などに損失が出たとき、その損失額を翌年以降3年間にわたって、順次各年所得から引くことができます。
また前年も青色申告している人は損失額を前年の所得から控除し既に納付している前年分の所得税の還付を受けることもできます。
経費一覧表はこちら!

♪♪♪企業を育て、地域を伸ばす♪♪♪

小林商工会議所/中小企業指導課

電話 23−4121   FAX 22−7667

E-mail : k-cci@miyazaki-cci.or.jp