Q

パートタイム労働者の休日の取扱はどうなりますか。

                  (小林:飲食サービス業:従業員7人)


A


 1日の労働時間が短いパートタイム労働者には、休日は必要ない、あるいは、パー

トタイム労働者が了解すれば、休日をあえて設ける必要はないと考える事業主もいる

ようですが、労働基準法では、毎週少なくとも1回の休日を与えるか、4週を通じて

4日以上の休日を与えることを義務付けています(労働基準法第35条)


 ここでいう休日は、1暦日すなわち午前0時から午後12時まで(8時間3交替制

の場合には例外的に継続24時間で差し支えありません)使用者と労働者との労働契

約であらかじめ労働の義務のないとされている日をさしており、この休日は、労働時

間の長短に関係なく、たとえ1日の労働時間が1時間であっても、必ず付与する必要

があります。では、所定労働日数の少ない労働者についてはどうかといいますと、例

えば毎週4日しか労働しないパートタイム労働者の場合には、残り3日が労働義務の

ない日ということは明らかですので、これに加えて、改めて休日を設ける必要はない

でしょう。


 労働基準法第35条は必ずしも、日曜日、月曜日等のごとく休日を特定すべきこと

を要求していませんが、特定することがまた法の趣旨に沿うものですから就業規則等

により特定しておきましょう。


 休日の振替


 業務の都合により、定められた休日を事前に労働日へ変更し、その代りに他の労働

日を休日とすることをいいます。

割増賃金を支払う義務は生じません。ただし、振り替えたことにより、当該週の労働

時間が1週間の法定労働時間を超えるときは、その超えた時間については時間外労働

となり、時間外労働に対する割増賃金の支払が必要となります。

《休日の振替実施の条件》

 @就業規則などに休日の振替ができる旨を定めておくこと。

 A振替日を事前に労働者に通知しておくこと。


 代  休


 休日に労働させた代わりに、後日特定の労働日に休ませること。法定休日に労働さ

せれば、代休を与えても割増賃金を支払う義務が生じます。