労働保険事務組合
あなたの事業所の労働保険事務をお任せいただけませんか?
労働保険は職場の皆さんが安心して働くためのものです。

この労働保険は労働者を一人でも使用する事業主は法人・個人・業種を問わず
かならず加入しなければならないのです。

でも、各種の申請・届出・報告、申告や納付の事務に関する業務はとても大変(>_<)
誰かに任せたい(T_T)と思ってはいないですか?

そんな事業所の方々に是非ご検討いただきたいのが
小林商工会議所の【労働保険事務組合】です。
労働保険事務組合って何?
労働保険の加入手続きから保険料の申告納付等、労働大臣の認可を受けて労働保険の煩わしい手続きを事業主の委託を受けて事務処理を行うのが労働保険事務組合です。
労働保険って何やっと?
雇用保険と労災保険の総称のことをいいます。
加入していれば、失業したや業務・通勤災害が発生したときに、失業給付又は労災給付を行い、労働者の生活の安定を図るものです。また、農林水産関係の一部を除き、労働者を1人でも雇用する事業主は必ず加入しなければなりません。
じゃあ雇用保険って何?
労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。また、失業の予防、雇用構造の改善等を図るための事業も行っています。
そしたら労災保険は?
労働者が業務上の事由、または通勤・帰宅途中でケガをした場合、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行うものです。また被災労働者の社会復帰の支援など福祉の増進を図るための事業も行っています。

労働保険に加入しなければならないのは分かったけど・・・いまいち難しそうだし(-_-;)

小林商工会議所の労働保険事務組合に委託するにはどうすればいいの?
まず事務委託のできる事業主さん
小林商工会議所の会員であり、常時使用する労働者が300人(金融・保険・不動産・小売・サービス業は50人以下の事業所、卸売業は100人以下の事業所、其の他の事業は300人)以下の事業主であれば委託できます。
事務委託をしたら事業主に代わって何をしてくれると?
@ 概算保険料、確定保険料等の申告および納付に関する事務
A 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
B 労災保険の特別加入の申請などに関する事務
C 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
D その他労災保険についての申請、届出、報告に関する事務
事務委託すると、どんなメリットがあると?
@ 安い手数料で委託できます。
A 事業主自身の労働保険事務処理が軽減されます。
B 保険料の額にかかわらず3回に分割納付できます。
C 労働保険に加入することのできない事業主・役員・家族従業員なども労災保険に特別加入することができます。(ただし、一般従業員を1名以上雇用していることが条件になります)
事務委託手数料はどのくらいかかるの?
年間確定保険料額の15%とします。(但し、委託初年度は概算保険料の15%を徴収させていただきます)また、最低額を3,000円 最高額を100,000円とします。

現在、多くの会員事業所の皆様の事務委託をお受けしています。

皆様もぜひご利用をご検討下さい。


【問い合わせ先】

小林商工会議所労働保険事務組合

TEL(0984)23−4121
FAX(0984)22−7667
E-mail k-cci@miyazaki-cci.or.jp