各種申請

貿易関係証明業務


boueki3

貿易関係証明の種類

貿易関係証明は以下の3つに概ね分類されます。

①原産地証明

貨物の原産国を証明する役割をもつもの

②インボイス証明

書類名義人によって適正に処理された船積書類等について当該書類が発給商工会議所に提出された事実を証明するもの

③サイン証明

申請者が作成した私文書のサインが商工会議所に登録されているサインと同一である旨を証明することで、その書類が正規に作成されたものであると「間接的」に証明するもの

 

貿易関係証明発給業務の流れ

STEP1 貿易登録
全ての申請者は貿易登録が必要です。(商工会議所の会員・非会員問わず)

STEP2 申請書類の受付
原産地証明、インボイス証明、サイン証明 いずれかを申請者が作成し、提出いただきます。
※原産地証明書は申請先の商工会議所で入手できます。
※インボイス証明・サイン証明は申請者自身のレターヘッドで可。

STEP3 審査・認証
申請者から申請のあった書類の審査・認証を行います。

STEP4 交付
申請者から手数料を徴収し、引き換えに証明書を交付します。

 

申請者の貿易登録に必要な書類

貿易関係証明に関する誓約書(申請者向け/代行業者向け)

貿易関係証明申請者登録台帳(両面)
表面 貿易関係証明業態内容届
裏面 貿易関係申請者の署名届け(申請者のみ記入)

これら2種類の書類に加えて法人・個人で提出頂く書類があります。

【法人の場合】

登記事項証明書(履歴事項全部証明書) ※3カ月以内に発行された原本
印鑑証明書 ※法人名義で3カ月以内に発行された原本

その他条件によっては必要な典拠書類

【個人の場合】
住民票 ※3カ月以内に発行された原本
印鑑証明書 ※個人名義で3カ月以内に発行された原本

その他条件によっては必要な典拠書類

 

経済連携協定(EPA)に基づく「特定原産地証明書」

経済連携協定(EPA)に基づく「特定原産地証明書」の発給をご希望の方は
日本商工会議所のHPをご覧ください。
2014年09月02日更新
ページトップ