一発終了などの便利なショートカット作成法


@一発でパソコンを終了するショートカットを作る!

 パソコンを終了する際に、大体の人が
  「スタート」→「終了オプション」→「電源を切る」(WindowsXP)
  「スタート」→「シャットダウン」→「コンピュータをシャットダウンする」(Windows95など)
  「スタート」→「Windowsの終了」→「終了」(WindowsME)
 などのどれかで終了していると思います。これをもっと簡単にできます。

 デスクトップの適当な部分で、右クリックし、「新規作成」→「ショートカット」をクリックします。
「新規作成」→「ショートカット」をクリック

下のような画面が立ち上がるので、「項目の場所を入力して下さい」の部分に、
「shutdown -s -f -t 0」と入力して下さい。
ショートカットの内容

「次へ」をクリックし、わかりやすい名前をつけて「完了」をクリックします。
わかりやすい名前をつける

下のようなアイコンができました。
今後はこれをクリック(またはダブルクリック)すれば、パソコンが終了します。
終了アイコン
どうしてもできない場合はこちらを右クリックして「対象をファイルに保存」をクリック。


A特定のフォルダへのショートカットを作る!

 特定のフォルダへのショートカットを作成するには、そのフォルダをコピーして、デスクトップ等で右クリック→「ショートカットの貼り付け」で作成できます。
 小技として、ショートカットを開いた際に、左側にフォルダを表示させる方法をご紹介します。

 例としてDドライブへのショートカットを作成します。次に、そのショートカットを右クリックしてプロパティを開きます。(下図)
ショートカットのプロパティ
 そして、「リンク先」の欄に上図のように「%windir%\explorer.exe /e,D:\」と入力します。
 @の「ショートカットの作成」の「項目の場所を入力して下さい」の部分に入力してもOKです。
 この「D:\」の部分を別のフォルダに変更すれば、そのフォルダへのショートカットに変わります。

TOPへ戻る日南商工会議所ブログ