« 2008年01月 | メイン | 2008年04月 »

2008年02月 アーカイブ

2008年02月06日

おめでとうございます

1月31日に会員事業所の大前利紘さんが
伝統工芸士に認定されました。
大前さんが代表を務める大前竹細工店は
伝統工芸品事業所に指定されました。
おめでとうございます。
大前さんは「まだまだ未熟ではあるが、努力したい」
と喜んでいました。

受賞された大前さん
表彰を受けたスシバラと認定証を持つ大前さん
本当におめでとうございます 笑う

2008年02月13日

ヤングメ~ン!!3人?

2月12日~14日までとある高校の
とある生徒達が
「インターンシップ」
(職場体験みたいなもの)でやってきた。
名を、O君、T君、S君?です。
みんな元気よくあいさつをし、業務をこなしていました。
みんな1日目が終わりこんな感想を言っていました。
O君「かなり難しいです。数字がいっぱい並んでて大変です。」
T君「いろいろな仕事をして、こんな仕事をしているのかと思いました。」
S君「あ~大変っすねぇ・・・」

 

ヤングメ~ン
みんなこんな顔してます。
右から、O君、T君、S君です。

 

西都商工会議所ホームページ

2008年02月15日

それぞれの愛のカタチ

昨日、2月14日は「バレンタインデー」
男性の皆さん、たくさんの愛のカタチをいただいたんではないでしょうか。

さて、ウィキペデイアによると、バレンタインデーとは

バレンタインデーあるいはセントバレンタインデー(St. Valentine's Day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であるとされている。なお、2月14日のウァレンティヌスの記念は第2バチカン公会議後の典礼改革で、史実の上で実在が明らかでない聖人たちが典礼暦から整理された際に取り除かれ、現在では祝われていない。恋人たちの愛の誓いの日とされ、世界各地で様々な祝い方がある。


欧米
ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ることがある日である。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。
欧米では、日本に見られるような、ホワイトデー(バレンタインデーと対になるような日)の習慣は存在しない。
贈り物の種類はさまざまであるが、チョコレートも贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまった。キャドバリー社が2代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売した。キャドバリーはこれに前後して、ハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人への贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。なお、英語では固形チョコレートはキャンディーの一種として扱われることもあるので、この製品のことを「キャンディボックス」と表記している文献もある。


日本
女性が、チョコレートを贈る習慣は日本で始まったものである。(ただし、「バラ、チョコレート、宝石などの贈り物」という表記があるように、欧米でもチョコレートを贈ることが無いわけではない)。

女性から男性へ贈るのみで反対に男性から贈ることは珍しい、という点と、贈る物が多くはチョコレートに限定されている、という点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴・特異性である。最近ではそれを避けて、クッキーやケーキなどを贈る人もいる。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。新宿伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で50円の板チョコが3枚、20円のカードを含め170円しか売れなかった。ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店がチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としている

その後1960年に森永製菓が新聞キャンペーンを行なうなど製菓会社が積極的に動き出した。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣、また逆に男性が女性にチョコレートを贈る「逆チョコ」という習慣も生まれている。さらに近年では女性が自身へのご褒美として自分で食べるために「マイチョコ」を購入するという風習も生まれつつある。



大韓民国・台湾
大韓民国(韓国)や台湾などのバレンタインデーでは、日本のようにチョコレート一色ということはないが、日本の影響で、よく贈られるものの一つにチョコレートは挙げられる。しかし、台湾では男性が送り手である場合が多い。台湾には、8月の旧暦7月7日にあたる日にも七夕という「中国のバレンタインデー」と似た行事が行われる。台湾、香港など中国語圏では「情人節」と訳される。

と、バレンタインデーひとつでも調べてみると、いろんないわれがあるものですね。また、近年の意識調査では、2006年2月にインターネットで情報提供を手掛けるアイブリッジ社が実施したバレンタインデーに関する独身男女(20代~30代)に対するアンケートによれば、回答した300人のうち「チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい」という回答がOLで70%、同じく男性社員は50%であった。
ただし、OLの反対意見では、女性の側から贈る習慣に反対しているのであって、男性側から贈られるのであれば賛成とする「ご都合主義的意見」も多かったとされる、そうです。

ともあれ、日本人は異国の文化を積極的にとりいれ、うまく自国流にアレンジして定着させる民族です。
またその文化や風習を大事に守る特性もあります。「やめよう」とか「お返しはなし」の話はその都度沸き起こりますが、細々と続いていくように感じます。

約1ケ月後には
「ホワイトデー」が待っています。男性諸氏ちゃんとお返しを考えましょう!
「ホワイトデー」のいわれについては次回に。

西都商工会議所のホームページ

2008年02月16日

確定申告に向け~VOL.2「小規模企業共済証明書の再発行」

2月15日よりスタートした確定申告!3月17日までに申告しなければいけませんが、申告の際に添付する書類は結構あります。年金や健康保険税、また生命保険料や損害保険料の証明書etc・・・
自分では保管しているつもりが、いざ申告の時期になるとどこにあるのか分からないことがあります。

そこで今回は、小規模企業者の加入率が多く、
①事業主の退職金として、
②掛金全額控除による節税として、
のメリットがある「小規模企業共済」の証明書の再発行の手続きをご紹介します。

直接、
「中小基盤整備機構小規模企業共済係」TEL(050)5541-7171
に電話で依頼しても結構です。
つながりにくいですが、そのまま電話を切らずに待っていると出てくれます。

また、自動発送サービスもあります。 その手順は、
音声に従い操作してください。

①電話をかける。042-567-3308
ご利用時間:午前6時~夜12時(日曜日、祝祭日含む)

②共済契約者番号(9桁)と#を押す。(例)123456789#
※契約者番号は、証書又は毎年送られてくる、ハガキに記載されています。

③生年月日のうち月日(4桁)と#を押す。
(例)4月1日生まれの場合 0401#

④共済契約者番号が読み上げられるので確認する。
→よろしければ「0#」を、間違っているときは「1#」を押す。「1#」を押したときは、②に戻ります。

⑤書類番号355(掛金払込証明書の番号)と#を押す。

⑥依頼書類が「掛金払込証明」であることが読み上げられるので確認する。
→よろしければ「0#」を、間違っているときは「1#」を押す。「1#」を押したときは、⑤
に戻ります。

⑦契約者の連絡先電話番号と#を押す。(例)0983432111
※間の「-」はいりません。

⑧電話を切る。

注)自動発送サービスによるお届け先は中小機構に登録されている住所となりますので、お届け先の住所に変更があった方で、住所変更の届出をされていない方は、共済相談室TEL(050-5541-7171)までお申し出下さい。

3月17日の申告期限まえにバタバタしないように、早めに書類をそろえておきましょう。

中小企業基盤整備機構「小規模企業共済自動発送サービス」のホームページ

西都商工会議所のホームページ


2008年02月18日

一足はやい「ひなまつり」

小野崎通りの商店街では2月16日から3月16日にかけて
「逢初(あいそめ)ひなまつり」を開催しています。

空き店舗に、市内の保育園や幼稚園児の可愛らしい「手作りひな人形」が展示されています。

IMG_1417.JPG  

IMG_1418.JPG

IMG_1419.JPG
それぞれ個性のある人形です。


IMG_1412.JPG
顔を出して記念写真「パチリ!」


IMG_1420.JPG

IMG_1415.JPG
「さげもの」


IMG_1422.JPG  
大きな手作り人形もあります。


IMG_1413.JPG  
本物のひなかざりもありました。
商店街のどなたかのものです。


bonbori.JPG
アーケードにはたくさんの「ぼんぼり」が飾られています。
のぼりもたくさんあります。

これから3月まで展示がありますので、ぜひ足を運んでください。
3月2日(日)には、メインイベントが開催されます。
近くの「ギャラリー夢たまご」でもいろんな企画を計画中です。

詳しくは、西都商工会議所のホームページ
または、 西都市観光協会のホームページ
をご覧下さい!!

2008年02月26日

共済バスツアー出発

さぁ~いよいよやって参りました。2月26日!
共済制度バスツアー!!
皆さん朝も早いというのに支度をして楽しそうにバスに乗り込んでいました。
おぉ~っと!!ここで情報が本日は雨が降るのでわないかと言う情報が入りました。
なんてことだぁ・・・
せっかく皆さんが楽しみにしていたのに雨なんて~
しかぁ~し!!これは宮崎の予報です。
ツアーに行くのはお隣の県の熊本。
熊本の天気予報なんてこっちではあまり見ません!!
天気がどうなるかわかりません。
一つだけいえることは皆さんの日頃の行いがいいことだけです。
さぁ~どうなってしまうのか今回の共済制度バスツアー!!
結果は、追って報告します。
乞うご期待!!

乗り込み完了!!
皆さん楽しそうに乗り込んでいきましたねぇ。
いい旅にしてくださぁい。
お土産なんて・・・いりませんよぉ 笑う

西都商工会議所ホームページ

2008年02月27日

おかえりなさぁい。

おまちどおさまでぇす。
共済制度バスツアーの報告です。
行程
西都商工会議所~西米良~人吉ひな祭り会場(昼食)
~人吉IC===えびのIC~グリーンパークえびの(コカコーラ)見学~
綾ひな祭り~西都
という行程で行きましたよぉ。
まぁ~ちょっと早いひな祭りツアーでしたぁ。

帰ってきたとき皆さんとってもいいしていましたよぉ 笑顔
とても楽しくいい旅になったことだろう。
さぁー、どんな感じだったか見てみましょう!!

小さいお人形
お人形がいっぱならんでるぅ~。
工夫されたひな人形
こんな工夫されたひな人形まで!!
これはビックリ。
本格的なひな人形セットの前に・・・
小さくかわいい物ばかりかと思っていたら・・・
本格的なセット!!
その前に座布団が二つ。これわあやしい!!
いかにも夫婦で座って
シャッターを押してくださいと頼みたくなる雰囲気 照れる
皆さんいい顔です
もう最終の絵になってしまいました!!
見て見てこの顔・・・・
めちゃくちゃ楽しかったぞ!!!!オーラが出てるじゃないかぁ。
皆さんお疲れ様でした。

About 2008年02月

2008年02月にブログ「西都商工会議所ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年01月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。