誰も見てくれなければ意味ない

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日、ニュースで年賀状の受付開始のことが流れていた。
そういえば、毎年自分でも200枚近くの年賀状を書いて出していたが、毎回写真や絵柄(干支)が違っているだけで、文書もだいたい同じものが多かったように思います。
パソコンが普及して、簡単に手軽にできるので宛名もプリントしていました。

また逆に、もらう量も多いので、相手を確認するだけのことが多く、じっくり見ていないような気がします。

そんな折、今日職場に以前講師をしていただいた方からこんなハガキが届きました。
普通じゃない

ちょっと「ん?」って、じっくり見てしまいました。
なかなかユニークですよね。「クリスマスと年賀」が合体したもの。
「沢山のハガキでポストがいっぱいになる前に、少し早めのごあいさつ」
憎らしいですよね。
ほかにも
「普通で」「ふつう」「おげんきですか」など、ありきたりじゃない、遊びというかおもわず「クスッ」と笑ってしまう内容です。

裏面も、
遊びゴコロって大事
思わず目を留めたくなる遊びがあり、もらった方もなんかウレシクなるハガキでした。

せっかく出すハガキなので、相手にしっかり伝えたいですよね。そんな気になった1枚でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miyazaki-cci.or.jp/saito/mt/MTOS-4.21-ja/MTOS-4.21-ja/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、西都商工会議所が2008年12月15日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年最後の・・・」です。

次のブログ記事は「西都原へ集合!ワクワクイベント盛りだくさん!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。