経営指導員による
経営に役立つコラム



中小企業白書2008年版について


  中小企業白書2008年版が中小企業庁ホームページに公開されています。本年度の副題は「生産性向上と地域活性化への挑戦」で、3分構成となっています。
  
  2008年版の白書の概要は次のとおりです。

 ●第1部 2007年度における動向
    第1部では、緩やかな景気回復が継続したものの年度には足踏み状態になった我が国
   経済の全般的動向を概況した後、中小企業の動向、我が国経済の構造変化に直面する
   中小企業を分析しています。
   1節 2007年の我が国経済の動向
   ・2007年度の我が国経済は、緩やかな景気回復が継続したもののこのところ足踏み状態
    である。 
   ・サブプライムローン住宅ローン問題、原油価格の高騰、改正建築基準法の施行後の建
    築着工数の減少等の影響により、我が国経済の先行き不透明感は増大している。
   ・中小企業においては、原油価格の上昇により収益を圧迫されている企業は9割を超えて
    いる。また、また、全く転嫁できていないとする企業は6割にのぼる。
   2節 中小企業の動向
   ・中小企業の景況感は足下では悪化している。 
   ・大企業の収益が増加している一方で中小企業の収益は伸び悩み、差は拡大傾向にあり
    ます。こうした中で、中小企業の資金繰りも、このところ弱含んでいる。
   ・雇用の動向については、中小企業での人手不足感はなお続いているものの、足下では
    労働需要が弱含み、小規模な事業所を中心に新規求人数は減少傾向に転じている。
   3節 我が国経済の構造変化に直面する中小企業
   ・大企業に比べて、中小企業は民間消費などの内需により大きく依存しているが、今回の
    景気回復では、民間消費が伸び悩んでいる。
   ・外需型産業が業績を伸ばす一方で、中小企業の大多数を占める内需型産業は伸び悩
    んでいる。
                                     
 ●第2部 中小企業の生産性の向上に向けて
    我が国の少子高齢化・人口減少が進展する中、持続的な経済成長を図るためには、労
   働生産性の向上が必要である。こうした観点から、中小企業の労働生産性の現状とその
   向上のための課題を示す。
 第1章中小企業を巡る構造変化と生産性
   我が国経済の成長率を維持・向上させるために重要な労働生産に着目してこれまでの中
  小企業の労働生産の水準や変化を概観するとともに労働生産性の向上のために中小企業
  はどのような課程に取り組むべきかという視点に立って労働生産性が高い中小企業に共通
  して見られる取組みについて分析している。
 第2章経済のサービス化と中小サービス産業
   中小サービス産業の生産性に焦点を絞り分析しています。具体的には、経済のサービス
  化が進展する中での中小サービス産業の実態を概観し、中小サービス産業の生産性の向
  上を図る上での課題や生産性の向上のために必要な付加価値の増大等の方策について
  明らかにしています。
 第3章中小企業によるITの活用
   ITは、労働生産性向上を図る上で重要なツールであるが、中小企業におけるIT資本の蓄
  積が遅れている実態や中小企業がITを活用していく上での人材確保や投資コスト負担等
  の課題をしめしています。。
 第4章中小企業のグローバル化への対応
   中小企業のグローバル化への対応が進展する中で、輸出や海外展開が労働生産性の向
  上に寄与する可能性を示すとともに、中小企業が輸出や海外展開を行う上で直面する課題
  をしめしています。

 ●第3部 地域経済と中小企業活性化
   地域で景況感にばらつきが生じる中で地域経済の活性化が重要な課題である。こうした認
  識の下、開廃業の動向、中小企業の再生、小規模企業、地域金融機関との関係、外部主体
  の連携の現状を示すとともに中小企業の活力を発揮させるために必要な課題を把握していま
  す。
 第1章地域を支える中小企業の事業再生と小規模企業の活性化
   域ごとの景況について、中小企業、倒産件数、開業率、廃業率の動向に着目し、より詳しく
  見 ている。景況感にばらつきある地域経済をどのように活性化していくかという観点から@
  中小企業の事業再生A小規模企業の活性化の2つの重要テーマについて現状と課題を分
  析しています。
 第2章地域における中小企業金融の機能強化
   地域における中小企業の資金調達の実態や特徴を示すとともに、担保や保証に過度に依
  存しない融資の拡大に向けた地域金融機関、中小企業の課題等、地域の中小企業金融の
  機能 強化のための課題をしめしている。
 第3章新たな連携やネットワークの形成に取り組む中小企業
   中小企業が経営資源の補完のために外部の主体と形成しているネットワークに焦点を当て
  企業間連携、産学官連携、農商工連携の現状と課題を示すとともに、商店街とコミュニティビ
  ジネスの連携の動きを分析しています。


 なお、中小企業白書には、たくさんの事例が掲載されています。参考にされてみてはいかがでしょうか。

  中小企業白書2008年版の概要及び全文は、以下のURLからご確認ください。
  (参考URL) 
 中小企業白書2008年版概要(PDF形式)  http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h20/20TyuushohPDF20080418/080423h20_gaiyou.pdf

 中小企業白書2008年版全文
  http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h20/h20/index.html

 中小企業白書2008年版全文(PDFファイル集式)
  http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h20/20TyuushohPDF20080418/080425pdf_mokuji.html


コラムバックナンバーはこちら

経営指導員   児玉 和浩



TEL 0983−43−2111

トップページに戻る