-->

メモリアルセンター

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月27日、口蹄疫の終息宣言から2年が経ちました。

口蹄疫は ホントに忌々しい出来事でしたが

記憶を風化させてはいけません。

二度と悲劇を繰りかえさないためにも

あの体験があったからこそ得た情報や教訓を

未来に残していかなければいけません。

 

宮崎県が農業大学校内に開設した

「口蹄疫メモリアルセンター」 に行ってきました。 

 

 

 ルピナスパークに隣接する農業科学館の2階にあります。

 

PG 

発生から終息、再生・復興への現在の取組までの写真パネルや

全国から寄せられた 応援メッセージや千羽鶴、

農業大学校での発症直後に 先生学生たちで交わされたメールなど

いったい何が起きたのか 当時の様子をうかがい知れるもののほか

口蹄疫のメカニズムや 効果的な消毒方法

発生させないために私たちが出来ること などなど

未来につながる情報も わかりやすく展示されています。

当時の写真パネルを見ているうちに あの頃の記憶がよみがえり

うっかり泣きそうになりましたが(人がいなきゃ泣いてた)

前に向かって進もうとする姿勢、二度と繰りかえさないという覚悟が感じられ

帰りには ピンッと背筋がのびる思いを感じました。

 

 

 

 

 

外に出てみあげれば 最近のゲリラ豪雨が嘘のような

気持ちのいい青空が広がっていました。

どんなに雨が降っても いつか必ず晴れる日が来るもんです。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: メモリアルセンター

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.miyazaki-cci.or.jp/takanabe/mt/mt-tb.cgi/1141

コメントする

プロフィール

高鍋商工会議所
TEL0983-22-1333
FAX0983-23-3159

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

最近のトラックバック