本文へジャンプ

宮崎県の未来を考えるシンポジウム 戦略的に創るコンパクトシティ(2/22)

多くの中山間地域を抱える宮崎県では、全国を上回るスピードで少子高齢化、人口減少が進み、住民の生活・福祉の維持や行政コストの効率化などが課題となっています。同じような課題をもつ全国の都市では、コンパクトシティを創る動きがみられるようになりました。

本シンポジウムでは、宮崎県ならではのコンパクトシティとは何かについて考えていきます。第1部の基調講演では、ベストセラーとなっている「未来の年表」の著者 河合雅司氏にお話頂きます。第2部では、宮崎らしいまちづくりのあり方、宮崎県らしいコンパクトシティとは何かについて探っていきます。

20180222シンポジウムチラシ_1.jpg

 

<日時>

2018年2月22日(火)13:00から16:00まで

 

<場所>

宮崎観光ホテル(翠燿の間)

 

<内容>

(第1部)

基調講演:「未来の年表 人口減少宮崎でこれから起こること」

講師:河合 雅司 氏(産経新聞社 論説委員)

(第2部)

トークセッション:「宮崎県ならではの戦略的コンパクトシティとは」

スピーカー:大鐘 良一 氏(NHK報道局チーフプロデューサー)

コーディネーター:杉山 智行 氏(みやぎん経済研究員)

 

<定員>

100名

 

<参加料>

無料

 

<共催>

株式会社宮崎銀行、一般財団法人みやぎん経済研究所、公益財団法人九州経済調査協会

 

<後援>

宮崎県、宮崎県経済同友会、(一社)宮崎県商工会議所連合会

 

<申込方法>

ホームページ(http://www.bizcoli.jp)からお申込みいただくか、以下のチラシ兼申込書をDLいただき、FAX(092-721-4908)でお申し込みください。

チラシ兼申込書はこちらをクリック→コチラ

 

<お問合せ先>

(公財)九州経済調査協会・BIZCOLI 担当:祭城・蒲池 様

TEL:092-721-4909

▲ページの先頭へ戻る