本文へジャンプ

ストレスチェックの実施等が事業者の義務になります

 平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」により、ストレスチェック(「心理的な負担の程度を把握するための件さ」をいう。)及びその結果に基づく面接指導の実施を事業者に義務付ける制度が新たに創設され、平成27年12月1日から施行されます(従業員数50人未満の事業場は、当分の間は努力義務)

 近年、心の健康問題が労働者、その家族、事業場及び社会に与える影響は大きなものがあり、厚生労働省が実施した平成25年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果によると、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合は5割を超えており、精神障害等による労災認定件数も高い水準で推移しているところです。

 本県においては、厚生労働省「人口動態統計」において、平成24年以降300人を下回りましたが、他県と比較し自殺死亡率(厚生労働省「平成26年人口動態統計月報年数(概数)」において、宮崎県の自殺死亡率23.9、全国順位第3位)は依然として高く、自殺者の内23.7%が被雇用者・勤め人(警察庁統計「平成26年中における自殺の状況」)となっています。

詳しくはこちら

宮崎労働局ホームページhttp://miyazaki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/ 

【お問い合わせ】宮崎労働局労働基準日健康安全課 ?0985-38-8835

宮崎労働基準監督署 ?0985-29-6000 延岡労働基準監督署 ?0982-34-3331

都城労働基準監督署 ?0986-23-0192 日南労働基準監督署 ?0987-23-5277

▲ページの先頭へ戻る