本文へジャンプ

原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー(案内)

農林水産省では以下の通りセミナーを開催いたします。

昨年9月1日に食品表示基準の一部が改正され、国内で作られた全ての加工食品に原料原産地表示を義務付ける新たな制度がスタートしたことを受け、農林水産省では、同制度の概要および対応のポイントをまとめた事業者向け活用マニュアルを作成しました。

本セミナーでは、これらの冊子を配布するとともに、同マニュアルの活用方法を紹介いたします。同制度に関する取り組みを検討されている事業者様、また、既に取り組みを始められた中で疑問点をお持ちの事業者様など、ご関心をお持ちの方の参加をお待ちしています。

<日時>

平成31年2月14日(木) 13時半?16時

<場所>

宮崎県婦人会館 サンフラワー宮崎 3階会議室「さくら」

※会場に駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

<対象>

食品関係事業者、団体等

<内容>

(1)マニュアル内容の解説

(2)質疑応答

(3)その他

<当日の配布予定資料>

(1)新しい原料原産地表示制度 事業者向け活用マニュアル

(2)同マニュアル 別冊 実践チェックリストと表示例

(3)新しい原料原産地表示制度 関係規程集

<主催及び事務局>

主催:農林水産省

事務局:MS&ADインターリスク総研株式会社

<申し込み方法>

MS&ADインターリスク総研株式会社のホームページより申込・・・ホームページ

または、チラシ4ページの申込票を九州農政局に提出・・・チラシ.pdf

<問い合わせ>

MS&ADインターリスク総研株式会社 蛯子、佐藤さま

TEL:03-5296-8974

▲ページの先頭へ戻る