本文へジャンプ

10月から11月は、個人住民税の特別徴収制度の集中広報期間です

全市町村と宮崎県は、個人住民税の特別徴収の適切な実施に取り込んでいます。

◆個人住民税の特別徴収とは、事業主(給与支払者)が、所得税の源泉徴収と同様に、従業員に支払う給与から個人住民税(市町村民税+県民税)を差し引いて、課税した市町村に納入していただく制度です。(地方税法及び市町村条例で定められています。)

◆現在、特別徴収に対応いただいていない事業主の方には、今後、特別徴収をして頂く旨の連絡が各市町村から届くこととなります。

*詳しくは、こちらから

個人住民税の特別徴収制度の適正化について.pdf

▲ページの先頭へ戻る