本文へジャンプ

パートタイム労働法が変わります!

平成27年4月1日から、パートタイム労働者の公正な待遇を確保し、納得して働くことができるようにするため、パートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)や施行規則、パートタイム労働指針が変わります。

主な改正のポイントは次のとおりです。

1.パートタイム労働者の公正な待遇の確保
  ・正社員と差別的扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲の拡大
  ・パートタイム労働者の待遇と正社員の待遇を相違させる場合は、職務の内容、
    人材活用の仕組み、その他の事情を考慮して、不合理と認められるもので
    あってはならない

2.パートタイム労働者の納得性を高めるための措置
    パートタイム労働者を雇い入れたときは、雇用管理の改善措置の内容について、
    事業主が説明しなければならない

3.パートタイム労働法の実効性を高めるための規定の新設
    雇用管理の改善措置の規定に違反している事業主が、厚生労働大臣の勧告に
    従わない場合は、厚生労働大臣は事業主名を公表することができる

詳細につきましては、下記ホームページをご覧ください。

〇厚生労働省「パートタイム労働法の改正について」

http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1o.html

 

●パート労働法に関するお問い合わせ先
  宮崎労働局雇用均等室 TEL 0985‐38‐8827

▲ページの先頭へ戻る