トップページ> お知らせ> 地方創業論〜地方で全国規模の事業を展開する経営者が語る〜セミナー

地方創業論〜地方で全国規模の事業を展開する経営者が語る〜セミナー

2019年11月 8日

chihoukigyouron1.jpg

■セミナー内容

ローカル事業の多い宮崎では数少ない、地方にいながら全国(世界)の市場に向けて事業を仕掛けるベンチャー経営者3名が地方創業での成功について熱く語ります。

日時:令和元年11月29日(金)19:00〜21:00
会場:みやざき STARTUP HUB
   (宮崎市橘通東4-7-28 TOKIWA30ビル2階)

■こんな方におすすめ

特に宮崎でチャレンジしようとする方に聞いてほしい内容です。
・創業しようとする方
・独立を考えている方
・既に創業し、事業規模の拡大を目指す方

■お申込み

対象者:どなたでも参加可能
参加費:無料

■参加申し込みについて

お申し込み情報を正確に管理する為、お手数ですが以下の参加フォームよりお申し込み下さい。
※定員に達し次第、募集を終了します。
お申し込みはこちらまで

※本事業は、創業支援等事業者補助事業・宮崎市補助事業により実施されています。

■講師プロフィール

○小平 勘太 氏(ファームフェス 代表取締役 )

鹿児島県出身。京都大学農学部卒。イリノイ大学大学院で修士号取得。 2015年に農地のシェアリングを行う農業ベンチャーファームフェスを立ち上げ、2016年に代表取締役就任。ファームフェスは2017年のJTBアクセレータープログラムで最終2社に選択され、JTB社と業務提携をし全国で事業を展開中。また2017年11月、2018年2月に株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ並びに、肥後銀行と鹿児島銀行、ゆうちょ銀行などが共同で出資している「KFG地域企業応援ファンド」を引受先としたシリーズAの資金調達をそれぞれ実施した。

○服部 幸雄 氏(オファサポート 代表取締役 )

宮崎県宮崎市出身。2006年4月、南九州自動車教習所を立ち上げた後、2008年7月にはオファサポートを設立し、介護事業へ参入した。自動車教習所の経営と介護事業との2本柱で業容を着実に拡大してきた。2016年は開発したAI型自動車運転評価システム(SDAP)が、高齢者による交通事故増加という社会問題の解決や新市場創出につながるとして県などの成長期待企業に、2019年2月には中小企業庁の新連携事業計画にそれぞれ認定されている。

○新城 裕司 氏 (ひむかAMファーマ 代表取締役)

宮崎県延岡市出身。高校卒業まで宮崎で過ごし、大学進学を機に京都へ。大学院修了後はJR九州へ入社。その後宮崎へUターンし、宮崎大学産学・地域センターに勤務後、2017年2月にひむかAMファーマ株式会社を設立。現在は宮崎大学医学部の研究者と連携して難治性炎症性腸疾患治療薬の開発に努める。同社は、2017年4月24日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の平成29年度「創薬支援推進事業―希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業―」に採択され(全国で わずか二社採択のうちの一社)、実用化に向けた開発に期待が寄せられている。